コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスール

1件 の用語解説(ウスールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウスール

トルコの拍節法。アラブイーカーアが独特に発展したもので,デゥムdum(低音)とタクtak(高音)という対照的な二つの太鼓の音色で示されるリズム周期。ウスールの数は40から50にものぼり,2拍子,3拍子,4拍子などの単純なものから,48拍あるいは88拍を1周期とするものまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のウスールの言及

【アラブ音楽】より

…のち,イスラム文化は沈滞期に入り,その音楽の中心地はトルコへ移った。しかし,彼らによって大成されてきた音楽理論との関連は今日のアラブ古典音楽の中にみられ,演奏はマカームと,イーカーアまたはウスールと呼ばれるリズム型に基づいて行われる。即興演奏が重んじられ,単旋律中心でメリスマ的,中間音程をもつ。…

【イーカーア】より

…それぞれのリズム型は〈何々の拍子〉という名前をもっており,実際の演奏では旋律はこのリズム型の繰返しの上にあてはめて展開される。このリズム型はウスールuṣūlと呼ばれる。このリズム型を意味するのにワズンwazun,ダルブḍarbの語が用いられることもある。…

【シャリーア】より

… シャリーアは神の命令の具体的体系的表現として絶対不変であるが,他方ではそれは人間が解釈したものとして歴史的であり,それが古典的な形で成立するまでには2世紀を要した。法解釈の方法論として,コーランを補うものとしてスンナイジュマー,キヤース(類推)が法源(ウスール)として確立したが,これらのいずれを重視し,どの範囲まで用いるかによって具体的解釈に違いが生じ,多くの学派が生まれた。今日では,ハナフィー派マーリク派シャーフィイー派ハンバル派の四法学派がいずれもスンナ派の公認学派として残っている。…

【トルコ音楽】より

…こうしたバランスの概念は音楽形式や演奏会のプログラムの組み方にも表れる。 旋律はマカームと呼ばれる旋法に基づき,そこには細かい微小音程や増音程を含んだ膨大な理論体系をもつ一方,拍子はウスールusulと呼ぶ旋律型に基づく理論があり,5,7,9拍子といった付加的拍子も含め種々の拍子がある。また,器楽の即興演奏タクシムでは拍子にはとらわれず自由リズムで独奏する。…

※「ウスール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウスールの関連キーワードターラ拍節アラブトラブルメーカーEDカードキーカーカータクシームバイーア生き残りクラブの冒険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウスールの関連情報