低音(読み)ていおん

精選版 日本国語大辞典「低音」の解説

てい‐おん【低音】

〘名〙
い音。弱い音。物体の振動が緩慢なときに起こる音。また、低い声。
※野の花(1901)〈田山花袋〉二「堪らなくなって、自分も低音に詩をうたった」
② 特に、声楽での男声の最低音域、または楽曲の最低音部をいう。バスベース。また、低音部記号で表わされた伴奏部の音のこと。⇔高音
※楽典初歩(1888)〈内田彌一訳〉「人声は、其高度に従ひ、之を分ちて四種とす、即ち最高音、中音、次中音及び低音(〈注〉ベース)是なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android