低音(読み)テイオン

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐おん【低音】

〘名〙
① 低い音。弱い音。物体の振動が緩慢なときに起こる音。また、低い声。
※野の花(1901)〈田山花袋〉二「堪らなくなって、自分も低音に詩をうたった」
② 特に、声楽での男声の最低音域、または楽曲の最低音部をいう。バス。ベース。また、低音部記号で表わされた伴奏部の音のこと。⇔高音
※楽典初歩(1888)〈内田彌一訳〉「人声は、其高度に従ひ、之を分ちて四種とす、即ち最高音、中音、次中音及び低音(〈注〉ベース)是なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低音の関連情報