音色(読み)ねいろ

精選版 日本国語大辞典「音色」の解説

ね‐いろ【音色】

〘名〙 楽器、人の声など発音体に特有なの感じ、色あい。音の強さや高さが同じでも、発音体によって含まれている上音の種類や割合、また鳴りはじめてから消えるまでの振動状能の変化が異なることなどによって、発音体特有の音の感じが生ずる。ねざし。おんしょく。
※虎明本狂言・楽何彌(室町末‐近世初)「尺八の、あらおもしろのね色やな」

おん‐しょく【音色】

〘名〙 楽器、人声など発声体によって異なる音の色あい。ねいろ。〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「音色」の解説

音色
ねいろ
tone colour; tone quality

同じ高さの音でも,発音体によって聴感が生じ,それぞれ特有の音として感じること。音の大きさ,音の高さとともに音の三要素をつくる。ある振動数の音といっても一般には純音でなく,倍振動などの音の混り方およびそれらの減衰の差が音色に寄与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「音色」の解説

ね‐いろ【音色】

発音体の違い、あるいは同じ発音体でも音の出し方によって生じる、音の感覚的な特性。高さや強さが同じ音でも、それに含まれる部分音の種類や強さなどによって違いが生じる。おんしょく。

おん‐しょく【音色】

その音のもつ感じ。ねいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「音色」の解説

ねいろ【音色 timbre】

〈おんしょく〉ともいう。人間が音を区別して感ずることができるための音の属性の一つ。音の大きさ,音の高さと音色とを音の三要素という。この中で,音色は音波波形に関係するもので,音の大きさや高さに比べて複雑な属性である。定常的で周期性のある音の場合には,音色は主としてその音を構成する各部分音の周波数音圧とによって規定されることになるが,実際の音のように絶えず時間変動をする場合には,こうした変動性状そのものが音色をきめる要因になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の音色の言及

【音色】より

…人間が音を区別して感ずることができるための音の属性の一つ。音の大きさ,音の高さと音色とを音の三要素という。この中で,音色は音波の波形に関係するもので,音の大きさや高さに比べて複雑な属性である。…

【音】より

…この場合には,すべての振動数にわたって連続的に成分をもった音になる。バイオリンの音とピアノの音は,たとえ同じ音圧,振動数であっても異なって聞こえるが,これはそれぞれの音圧波形の差異によるものであって,このような音の性質は音色と呼ばれる。
[音の伝搬]
 空気中に発生した音は,一定の速度で伝搬する。…

※「音色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android