コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高音 たかね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高音
たかね

日本音楽の用語。新内節上調子 (うわぢょうし) の三味線のこと。大間本調子の地の三味線に対し,二上りに調弦し地の音の間に装飾的にからむ一種の替手 (かえて) 。高い音色をきわだたせるため,非常に小型の撥 (ばち) を用い,小ようじの先で弾く場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐おん〔カウ‐〕【高音】

高い調子の音。
音楽で、高い音域。「スピーカーの高音がひずむ」⇔低音

たか‐ね【高音】

鳥の鳴き声や音楽の調子の高いこと。「鶯の高音
高低2種の三味線の合奏で高い音のほう。上調子(うわぢょうし)。
能管一節切(ひとよぎり)・尺八などの曲名・曲節名。高音域で始まる曲が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうおん【高音】

高い音。 ⇔ 低音
大きな声。

たかね【高音】

音楽や鳴き声などの高い音。
清元・新内などで、三味線の高低の合奏のうち、高い方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高音の言及

【上調子】より

…これを上調子と呼ぶ(図)。新内節ではとくに高音(たかね)という。また長唄でも唄浄瑠璃に用いられ,さらに《吾妻八景》や《秋色種(あきのいろくさ)》など合の手の多いものでは必ず用いるようになった。…

【三味線】より

…材料は象牙,水牛,べっこうを用いるが,一部分に黄楊(つげ),樫を用いるものもある。特殊なものとして,地歌の一部で用いられる細い棹の柳川三味線の撥(京撥)は全体が薄いし,新内の上調子(高音(たかね))に用いる小撥は極端に小さい。小唄は撥を使わないが,演奏会などでは使っている。…

【新内節】より

…これは〈流し〉という営業形態から作り出されたものと思われる。また地の三味線(本調子)の単調さを補うために,二上りに調弦された上調子も流しのためにくふうされたもので,〈高音(たかね)〉とも呼ばれた。爪ようじ,琴爪,小撥(こばち)などを用いて弾く。…

※「高音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高音の関連キーワードチュルニョーニス:4つの前奏曲 作品16/piano soloチュルニョーニス:4つの前奏曲 作品7/piano soloコンデンス・スコア[condensed score]ロドリーゴ:パストラル/piano soloスリーウエースピーカーシステムツーウエースピーカーシステムト音記号 [G clef]dome speakerラウドネスコントロールスピーカーシステム2ウェイスピーカースピーカーユニットスーパーツイーター3ウェイスピーカーDVDオーディオゴング・チャイムヘッケルフォーントライアングルハーモニックスマルチウエー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高音の関連情報