コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウノアシガイ うのあしがい

1件 の用語解説(ウノアシガイの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウノアシガイ
うのあしがい / 鵜足貝
sweet limpet
[学]Patelloida saccharina

軟体動物門腹足綱ユキノカサガイ科の小さい笠(かさ)形の貝。北海道南部以南から西太平洋、インド洋海域に広く分布し、潮間帯の上部の岩磯(いそ)に付着する。殻長40ミリメートル、殻径30ミリメートル、殻高10ミリメートルに達するものもあるが、普通はその半分ぐらいのものが多い。上からみると通常7本の強い放射肋(ろく)が突き出て星形なので、水かきのある鳥の足になぞらえてこの和名がある。殻表は黒青色、内面は乳白色で頂部は黒褐色。軟体の足は黄白色をしている。一定のすみ場所があり、低潮時にそこから出て餌(えさ)をあさり、もとの所に戻る帰家習性がある。沖縄以南の熱帯地方に分布する型は、殻が厚く色が淡いのでリュウキュウウノアシガイとして内地型と区別することがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウノアシガイの言及

【カサガイ(笠貝)】より

…この種は,初めメキシコ産とされたが,その後小笠原産であることが確認された。 ツタノハガイ科にはツタノハガイ,ベッコウカサガイ,ヨメガカサガイ(イラスト),マツバガイなどが,ユキノカサガイ科にはユキノカサガイ,ウノアシガイ(イラスト),アオガイ,カモガイなどの種類があり,日本では多くは房総半島以南の潮間帯の岩礁にすむが,一部は北海道南部に及び,ユキノカサガイは北海道や東北地方に分布する。笠型の殻頂は軟体の頭と同じ方向になっている。…

※「ウノアシガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone