水かき(読み)みずかき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水かき
みずかき

水鳥やカエル(無尾両生類)の足指の間に張られた、皮膚のひだで形成された薄い膜をいう。特殊な哺乳(ほにゅう)類であるカモノハシの足にも水かきが発達している。水かきは遊泳、潜水など水中運動への適応のために発達した構造といえる。その発達の度合いは遊泳や潜水の必要度に対応しており、終生水中に生活するアフリカツメガエルではよく発達しているし、水鳥でも遊泳性でないシギ、サギ、ツルなどではあまり発達していない。[菊山 栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水かきの関連情報