内面(読み)うちづら

精選版 日本国語大辞典「内面」の解説

うち‐づら【内面】

〘名〙
① 物の内部内側。ないめん。
※史記抄(1477)一四「内つらの爪のはつは厥陰肝経大敦穴也」
※勇魚取絵詞(1829)上「その土塀の内面(ウチヅラ)に」
② 家族や内輪の人に見せる顔つき、態度。⇔外面(そとづら)
※直木三十五を悼む(1934)〈菊池寛〉三「内づらが極めてわるい」

ない‐めん【内面】

〘名〙
① 物の内部に向いた面。うちがわ。内部。
※日本風俗備考(1833)一八「壁の内面は紙を張貼し」
② 人間の精神・心理に関する面。心の中。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉四「病気の経過に伴れて起こる内面の生活」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内面」の解説

ない‐めん【内面】

物の内側の面。⇔外面
精神・心理に関する面。心の中。「内面の動揺を隠す」⇔外面

うち‐づら【内面】

家族や内輪の人に対する顔つきや態度。「内面が悪い人」⇔外面(そとづら)
物の内部。内側。ないめん。⇔外面(そとづら)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android