コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和名 わめいJapanese vernacular name

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和名
わめい
Japanese vernacular name

生物の日本語名。ただしある程度学問的に整理された呼称。地方的な呼び名は和名とはいわず,いわば異称,通称であるが,区別は必ずしも明確でない。たとえば学名Lycoris radiataの最も明確な和名はヒガンバナであり,シビトバナなどは通称あるいは俗名といってよいが,マンジュシャゲは通称とも考えられ,あるいは和名の別称とも考えられる。また学名を発音に従ってかな書きした場合も,これは和名的表記であって,原綴のまま記してなければ学名とはいえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わ‐みょう〔‐ミヤウ〕【和名/×倭名】

わが国で古くから用いられている事物の呼称。日本名。わめい。

わ‐めい【和名】

わみょう(和名)」に同じ。
動植物ラテン語による学名に対して、日本での呼び名。片仮名で表記する。日本名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わめい【和名 Japanese name】

生物にはすべての分類群に学名がつけられるが,これには国際的な約束として命名規約が定められていて,ラテン語で記載される。ところが生物の名まえはそれぞれの国の国語でもつけられており,英名とか漢名といわれるが,日本語でつけられた生物名を和名という。各国語でつけられる生物名にはとくに命名の約束ごとがつくられることがないが,和名にも特別な命名の規約はない。ふつう古くからいろいろの書物などに用いられてきたよく通じる名まえを標準和名ということもあるが,標準語などというのと同じで,標準的な和名という程度の意味である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わめい【和名】

日本での呼び名。特に、動植物の学名に対する日本語の名称。普通、片仮名で表記する。 → 学名漢名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和名
わめい

生物につけられた日本語の通称名のことをいい、キタキツネ、ヤマザクラなどがそれである。動植物には「国際命名規約」に基づいて名づけられた学名があって、国の内外を問わず広く通用するが、ラテン語ないしはそれに準じた語で構成されているため、一般には不便なので、それぞれの国でおもな生物に対しては通称名が与えられている。和名は日本国内で通用する名称であるが、国語が特殊なため外国に比べてはるかに多くの種につけられている。和名は、通常、片仮名で記し、とくにこれを規制する規約がないので多くは慣用によるが、1種類に二つ以上の名があることも多く、俗称あるいは地方的な呼称(方言)と考えられるものもある。和名という場合には、いちおう標準的なものをさすので、なるべく広く知られた名を用いることが望ましい。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の和名の言及

【学名】より

…植物は国際植物命名規約International code of botanical nomenclature,動物は国際動物命名規約International code of zoological nomenclatureに従って命名されることになっている。各国語で呼ばれる生物名は普通名(通俗名)common nameで,日本語の場合は和名という。各地の方言にある生物名(地方名)と区別するために,標準和名という呼び方をすることもあるが,標準和名を定める約束は決まっていないので,常識的に定められた和名という程度のものである。…

※「和名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和名の関連キーワード西洋松虫草世界爺雌杉西洋山薄荷ぬみぐすり紫千代萩西洋韮葱姫金魚草長柄甘菜紅姫竜胆小海老草千曲薄荷瑠璃唐草虎斑百合木立薄荷黄花清白香水薄荷わたたび大千本槍食用大黄瑠璃萵苣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和名の関連情報