コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和名 わめい Japanese vernacular name

6件 の用語解説(和名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和名
わめい
Japanese vernacular name

生物の日本語名。ただしある程度学問的に整理された呼称。地方的な呼び名は和名とはいわず,いわば異称,通称であるが,区別は必ずしも明確でない。たとえば学名が Lycoris radiataの最も明確な和名はヒガンバナであり,シビトバナなどは通称あるいは俗名といってよいが,マンジュシャゲは通称とも考えられ,あるいは和名の別称とも考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わ‐みょう〔‐ミヤウ〕【和名/×倭名】

わが国で古くから用いられている事物の呼称。日本名。わめい。

わ‐めい【和名】

わみょう(和名)」に同じ。
動植物ラテン語による学名に対して、日本での呼び名。片仮名で表記する。日本名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わめい【和名 Japanese name】

生物にはすべての分類群に学名がつけられるが,これには国際的な約束として命名規約が定められていて,ラテン語で記載される。ところが生物の名まえはそれぞれの国の国語でもつけられており,英名とか漢名といわれるが,日本語でつけられた生物名を和名という。各国語でつけられる生物名にはとくに命名の約束ごとがつくられることがないが,和名にも特別な命名の規約はない。ふつう古くからいろいろの書物などに用いられてきたよく通じる名まえを標準和名ということもあるが,標準語などというのと同じで,標準的な和名という程度の意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わめい【和名】

日本での呼び名。特に、動植物の学名に対する日本語の名称。普通、片仮名で表記する。 → 学名漢名

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和名
わめい

生物につけられた日本語の通称名のことをいい、キタキツネヤマザクラなどがそれである。動植物には「国際命名規約」に基づいて名づけられた学名があって、国の内外を問わず広く通用するが、ラテン語ないしはそれに準じた語で構成されているため、一般には不便なので、それぞれの国でおもな生物に対しては通称名が与えられている。和名は日本国内で通用する名称であるが、国語が特殊なため外国に比べてはるかに多くの種につけられている。和名は、通常、片仮名で記し、とくにこれを規制する規約がないので多くは慣用によるが、1種類に二つ以上の名があることも多く、俗称あるいは地方的な呼称(方言)と考えられるものもある。和名という場合には、いちおう標準的なものをさすので、なるべく広く知られた名を用いることが望ましい[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の和名の言及

【学名】より

…植物は国際植物命名規約International code of botanical nomenclature,動物は国際動物命名規約International code of zoological nomenclatureに従って命名されることになっている。各国語で呼ばれる生物名は普通名(通俗名)common nameで,日本語の場合は和名という。各地の方言にある生物名(地方名)と区別するために,標準和名という呼び方をすることもあるが,標準和名を定める約束は決まっていないので,常識的に定められた和名という程度のものである。…

※「和名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和名の関連キーワード分類階級記載手が付けられない同定タイプ標本分類群愛はすべての上に絶滅率一定の法則ホメオモルフ生物地理区

和名の関連情報