コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマスギゴケ うますぎごけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマスギゴケ
うますぎごけ
[学]Polytrichum commune Hedw.

コケ植物スギゴケ科の1種。やや日陰地の湿った地上に生え、高さ10~20センチメートル。茎は針金状で硬く、葉は長さ1センチメートル前後で、披針(ひしん)形。ウマスギゴケの仲間にはオオスギゴケ、コスギゴケ、セイタカスギゴケなど10種ばかりあり、いずれもよく似ているが、胞子体の(さく)が円柱状になるか(コスギゴケ属)、角柱状になるか(スギゴケ属)で分けられる。苔庭(こけにわ)の重要な構成種として広く利用される。北半球に広く分布し、日本では全国各地に及ぶ。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウマスギゴケの言及

【スギゴケ】より

…蒴は角柱状。オオスギゴケとウマスギゴケP.commune Hedw.はともにコケ庭に利用される代表的な蘚類である。 コスギゴケPogonatum inflexum (Lindb.) Lac.は東アジアに分布。…

※「ウマスギゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone