北半球(読み)きたはんきゅう(英語表記)Northern Hemisphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北半球
きたはんきゅう
Northern Hemisphere

地球の赤道から北側の半球。おもな特色は,陸地が南半球より著しく広いことで,全陸地の約 67%が北半球にある。気候的には水陸分布の複雑さが影響して変化が激しく,また年平均気温の最高地域,すなわち熱赤道も北半球に存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北半球
きたはんきゅう

地球の赤道以北の半球をさす。南半球に対する語。緯度で示すと赤道の0度から北緯90度の間である。地球の全陸地の67.4%を占めて、南半球に比べて陸地が広く分布している。しかし、北半球だけでは海洋と陸地の面積比は60.7対39.3で海洋が広い。南半球ではこの比率がさらに大きく、海洋が広くなる。温帯、冷帯が広く分布し、世界の先進工業国が分布している。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北半球の関連情報