コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリヤンハン三衛 ウリヤンハンさんえいUriyangkhai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリヤンハン三衛
ウリヤンハンさんえい
Uriyangkhai

中国,明代に内モンゴルの大興安嶺東に遊牧した部族。ウリヤンハン (朶顔衛) ,オンリウト (泰寧衛) ,オジエト (福余衛) の総称。 1388年,明軍がブイル・ノールの戦いに北元トクズ・テムル (脱古思帖木児) を撃破すると,明にくだったモンゴル人は翌年この三衛に統轄された。のちオジエトはオルチン部族に,オンリウトは内ハルハ部族にそれぞれ乗取られて滅びたが,ウリヤンハンだけは長く明の同盟者として残った。清代の内モンゴルのジョソトゥ盟のハラチン二旗およびトゥメット左翼旗はウリヤンハンの後裔である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウリヤンハン三衛の関連キーワードモーリハイ(毛里孩)アルクタイ(阿魯台)エセン(也先)ボライ(孛来)トゴン(脱歓)辺牆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android