トクズ・テムル(脱古思帖木児)(読み)トクズ・テムル(英語表記)Töqüz Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクズ・テムル(脱古思帖木児)
トクズ・テムル
Töqüz Temür

[生]至正2(1342)
[没]洪武21(1388)
モンゴル,北元の第2代皇帝 (在位 1378~88) 。ウスハル・ハンと号した。元の順帝の子。洪武 11 (78) 年兄の昭宗アーユシュリーダラ (愛猷識理達臘) を継ぎ,ハンとなった。満州 (現在の中国東北地方) から中央アジアにまで君臨し,長く明の政敵となったが,同 21年明軍との戦いに敗れ,トラ河畔に逃れたが,同族の反臣イェスデル (也速迭児) に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android