コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トクズ・テムル(脱古思帖木児) トクズ・テムルTöqüz Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクズ・テムル(脱古思帖木児)
トクズ・テムル
Töqüz Temür

[生]至正2(1342)
[没]洪武21(1388)
モンゴル,北元の第2代皇帝 (在位 1378~88) 。ウスハル・ハンと号した。元の順帝の子。洪武 11 (78) 年兄の昭宗アーユシュリーダラ (愛猷識理達臘) を継ぎ,ハンとなった。満州 (現在の中国東北地方) から中央アジアにまで君臨し,長く明の政敵となったが,同 21年明軍との戦いに敗れ,トラ河畔に逃れたが,同族の反臣イェスデル (也速迭児) に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トクズ・テムル(脱古思帖木児)の関連キーワードアーユシュリーダラ(愛猷識理達臘)オイラート(瓦剌)ウリヤンハン三衛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android