コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルトラエーティーエー Ultra ATA

デジタル大辞泉の解説

ウルトラ‐エーティーエー(Ultra ATA)

コンピューターとハードディスクを接続するインターフェース、ATA規格の拡張仕様。1996年に開発され、1998年にANSIにより標準化された。米国インテル社の呼称はUltra DMA。発表当初の最大転送速度は毎秒33MB。のちに毎秒66MB、100MB、133MBのUltra ATA/66(Ultra DMA/66)、Ultra ATA/100(Ultra DMA/100)、Ultra ATA/133(Ultra DMA/133)などの後継規格が登場。広義には、それらの後継規格も含まれる。Ultra ATA/33。Ultra DMA/33。ATA-33。DMA-33。UATA。UDMA。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

ウルトラATA

パソコンにハードディスクや光学ドライブなどを接続する規格ATAの高速版です。
⇨ATA/ATAPI、シリアルATA

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ウルトラエーティーエーの関連キーワードウルトラATA66カード32GBの壁

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android