広義(読み)コウギ

大辞林 第三版の解説

こうぎ【広義】

一つの言葉のもつ意味の範囲に幅があるとき、広い方の意味。 ⇔ 狭義 「 -に解釈する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ぎ クヮウ‥【広義】

〘名〙 一つの言葉がさす意味に幅がある時、そのさす範囲の広い方の意味。ゆるやかな定義による意味。⇔狭義
※野分(1907)〈夏目漱石〉一「広義(クヮウギ)な社会観を有して居る彼は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広義の関連情報