エギンガー(読み)えぎんがー(英語表記)Eginger(和)

知恵蔵の解説

イカ釣りでは多くの場合、餌木(えぎ)と呼ばれるルアータイプの疑似餌(ぎじえ)を餌代わりに使う。近年、ブームになっているアオリイカ(地域によってミズイカシロイカモイカバショウイカなどともいい、最も美味なイカとして知られる)釣りファンの間で、この餌木を使った釣りをエギング、そして釣り人をエギンガーとカタカナで呼ぶことが多くなった。アオリイカ用の釣り竿や釣り糸などにも、エギンガーという名のついた製品が多く登場している。エギングという言葉そのものは、ジグタイプのルアーを使ったジギング(ジグ+ing)から来たものだが、エギンガーは、その語尾Zを付けて呼ぶ人も多いことから、人気アニメのキャラクター「マジンガーZ」をもじったものとも思われる。最近のこの種のもじり言葉では、メバル釣りのことを「メバリング」と呼ぶ例などがある。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android