コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルアー lure

翻訳|lure

大辞林 第三版の解説

ルアー【lure】

擬餌鉤ぎじばりの一種。餌えさの小魚などに似せた形・色に作ったもの。スプーン・スピナー・プラグ・ジグ・ワームなどの種類がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のルアーの言及

【釣り】より

…そして遠投しても釣糸がからまないという特徴をもつため,投釣りにはすべてこれが使われる。クローズドフェースリールもスピニングリールと同じ釣糸の出方をするが,さおに対して上向きにつけ,ルアーフィッシングなどに愛用される。
[釣糸]
 昔はカイコの幼虫の体内からとった繊維を精製したてぐす(天蚕糸)が使われた。…

※「ルアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルアーの関連キーワードミツクリエナガチョウチンアンコウsportsfishingヒレナガチョウチンアンコウロケットカエルアンコウルアーマガジン・ソルト擬餌鉤・擬餌針・擬餌鈎シーバスフィッシングSALT WORLD第3世代ソフトルアールアーフィッシングボトムフィッシングチョウチンアンコウ渓流で使う疑似餌ソフトルアー回収ペリカンアンコウセイテンビラメメダマアンコウハタタテカサゴトローリングフリッピング

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルアーの関連情報