ルアー(英語表記)lure

翻訳|lure

デジタル大辞泉「ルアー」の解説

ルアー(lure)

《おとり・擬似餌ぎじえプラスチック・金属・木などで作った擬餌針ぎじばり。回転翼をもつスピナー小魚や小動物に似せたプラグ、ミミズ状のワームなどがあり、水面水中で引いて魚を誘う。
[類語]釣り針毛針蚊針擬餌針フライ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ルアー」の解説

ルアー

〘名〙 (lure) 釣りで、本物の餌に対して、魚の好む餌に擬してつくられた人工的な餌針。擬餌針。「ルアーフィッシング
※暴力列島(1971)〈大藪春彦〉ルート「リール釣竿、ルアーやウキ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のルアーの言及

【釣り】より

…そして遠投しても釣糸がからまないという特徴をもつため,投釣りにはすべてこれが使われる。クローズドフェースリールもスピニングリールと同じ釣糸の出方をするが,さおに対して上向きにつけ,ルアーフィッシングなどに愛用される。
[釣糸]
 昔はカイコの幼虫の体内からとった繊維を精製したてぐす(天蚕糸)が使われた。…

※「ルアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android