コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語尾 ごび ending

翻訳|ending

6件 の用語解説(語尾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

語尾
ごび
ending

語幹に接合して,その単語の文法的機能の大部分をになう言語要素をさす。語幹は語根がそのままなる場合と,語根に接尾辞がついたものである場合とがある。 kak-u「書く」,kak-ase-ru「書かせる」において,-u,-ruが (活用) 語尾,-ase- が接尾辞,前者の kak- は語根かつ語幹,後者の kak- は語根と分析される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐び【語尾】

話し言葉で、ひと続きの言葉の終わりの部分。「語尾がはっきりしない」⇔語頭
単語の末尾の部分。「英語の複数形は語尾にsを付けて示す」
文法用語で、活用語が他の語に続いたりする場合に、語形を変える部分。「読む」の「む」、「長い」の「い」などの類。活用語尾。⇔語幹

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

語尾【ごび】

単語の末尾の部分。活用によって交替する部分は活用語尾という。屈折語では名詞,形容詞代名詞の格語尾,動詞の人称変化にみられる。また時に接尾辞(接辞)をさす。
→関連項目語根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごび【語尾 ending】

言語学の用語。語根語幹に後接して語幹や単語を形成する。接尾辞と呼んでもよい。これには,それがつくと語幹(もしくは無活用の単語)が形成されることになる派生語尾と,単語の活用形が形成されることになる活用語尾とがある。派生語尾には常になんらかの意味が伴うといえるが,活用語尾にはなんらかの意味を伴うものとそうでないものがある。たとえば,日本語のkawakasanai(乾かさない)は,語根kawak‐に派生語尾‐as‐がついてkawakas‐という語幹が形成され,さらに活用語尾‐a‐がついて活用形ができ,付属語‐naiがさらにつづいているといえる(1モーラを全体として扱い,その内部で切り離すことをしない考え方では,kawa‐,‐ka‐,‐sa‐,‐naiと分析する)が,‐as‐はある種の意味を伴い,‐a‐は伴わないといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごび【語尾】

言葉や単語の最後の部分。 ↔ 語頭 「 -があいまいになる」
日本語で、活用によって変化する単語の末尾の部分。「あるく」「はやい」の「く」「い」など。活用語尾。 ↔ 語幹ごかん
西欧語などの単語で、屈折によって変化する部分。フランス語の aimer の er の部分など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

語尾
ごび

用語や助動詞が語形を変えて種々の用法を示すとき、変化する部分を活用語尾、または単に語尾という。たとえば、「毎朝新聞を読む」と「新聞を読め!」との用法の違いは、「―む」「―め」という語尾の違いによって示される。語尾に対し、不変化の部分が語幹とよばれる。どこで語幹と語尾を分けるかは、研究者の考え方や整理の仕方で変わってくる。仮名で分析すれば、「読む」の語尾は「―み」「―む」などであるが、ローマ字で分析すれば、「(yom)―i」「(yom)―u」などとなる。
 文語形容詞の場合、たとえば「美し」では、不変化の部分は「うつくし」であるが、それを語幹とすると終止形の語尾がなくなるので、「うつく」を語幹とし、「(美)」「(美)しき(人)」などを語尾とする。なお、「さかや(酒屋)」「あまがさ(雨傘)」などの場合は、「さけ」「あめ」の語尾変化とはせず、語基の変化と考える。[鈴木英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

語尾の関連キーワードうじゃうじゃきいきいきゃあきゃあぐじぐじごてごて勤・権・言すぱっとテーマなんざあぶうぶう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

語尾の関連情報