コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー消費量

2件 の用語解説(エネルギー消費量の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

エネルギー消費量

 以前はカロリー消費量ともいった.個人,集団などがある期間に消費するエネルギー量の意味で使われることが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エネルギー消費量

主要国の年間1人当たり(03年、まきなどの原始的な燃料を含まない)を石油換算すると、米国7.8トン、ドイツ4.2トン、日本4.1トン、韓国4.3トンなど。中国の0.9トン、インドの0.3トンと大きな開きがある。馬奈木俊介・横浜国立大助教授によると、健康を保ったり、知識や教育を身につけたりするのに必要なエネルギーさえ確保すれば、エネルギーをふんだんに使う生活と比べて、幸福度はさほど変わらないという。

(2007-02-08 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エネルギー消費量の関連キーワードLLDC後発発展途上国当り籤バーミンガム会議パックスコンソルティス人当り従業員1人当たり人件費高知方式ネパールの貧困コメ消費量

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エネルギー消費量の関連情報