コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エペルネー Épernay

デジタル大辞泉の解説

エペルネー(Épernay)

フランス北東部、シャンパーニュ地方、マルヌ県の都市。マルヌ川沿いに位置し、シャンパンの一大産地として知られる。百年戦争第一次大戦における激戦地の一。エペルネ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエペルネーの言及

【マルヌ[川]】より

…パリ盆地南東部のラングル台地に発し,西に大きく弧を描きながらパリ盆地を貫流して,パリ東端のシャラントンでセーヌ川に合流する。主として石灰岩地域を流れるため水量は比較的少なく,舟運は中流部のエペルネーまでに限られる。それより上流側は,川に沿ってつくられた運河による水運があり,最上流部ではソーヌ川と結ばれている。…

※「エペルネー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エペルネーの関連キーワードモエマルヌ[川]

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android