コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマルジョンナンバー えまるしよんなんはあ,えまるじょんなんばー

カメラマン写真用語辞典の解説

エマルジョンナンバー

 フィルムの外箱には製造したときのロットごとに識別番号が付けられている。これがエマルジョンナンバーで、乳剤番号、または略して「乳番」などとも言う。現在のフィルムではロットが違っていても、現像時のばらつきはほとんどなくなり、エマルジョンナンバーを気にするカメラマンは少ない。しかし、以前のカラーリバーサルフィルムでは、エマルジョンナンバーによって、色再現性や実効感度の違いがあったため、エマルジョンナンバーをチェックするのはプロカメラマンの大事な注意事項だった。そして、必要であれば気に入ったエマルジョンナンバーのものをまとめ買いすることもあった。また、エマルジョンナンバーの違いで、色補正(CC=color compensating)フィルターの補正値がちがっていたので、これも注意する必要があった。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android