エリック コーネル(英語表記)Eric Allin Cornell

現代外国人名録2012の解説

エリック コーネル
Eric Allin Cornell


国籍
米国

専門
物理学者

肩書
コロラド大学教授;米国国立標準技術研究所研究員

生年月日
1961/12/19

出生地
カリフォルニア州バロアルト

出身地
マサチューセッツ州ケンブリッジ

学歴
スタンフォード大学〔1985年〕卒;マサチューセッツ工科大学

学位
Ph.D.(マサチューセッツ工科大学)〔1990年〕

経歴
スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、天体物理学共同研究所(JILA)を経て、1992年コロラド大学助教授、’95年より教授。’92年より米国国立標準技術研究所(NIST)上級研究員兼任。2001年希薄なアルカリ原子ガスでのボース―アインシュタイン(BE)凝縮の実現と基礎研究により、ウルフガング・ケターレ・マサチューセッツ工科大学教授、カール・ワイマン・コロラド大学教授とともにノーベル物理学賞を受賞。

受賞
ノーベル物理学賞〔2001年〕 フランクリン・メダル〔1999年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android