コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルブーフ Elbeuf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルブーフ
Elbeuf

フランス北西部,セーヌマリティム県の町。セーヌ川左岸に位置し,伝統の羊毛と被服工業のほか,第2次世界大戦後は化学,電気,自動車工業が盛ん。ガロ・ローマ時代以来の町で,聖ジャン聖堂 (16世紀) ,聖エティエンヌ聖堂 (16~17世紀) はともに美しいステンドグラスで知られる。人口1万 7004 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エルブーフの関連キーワードモーロア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android