エンテログルカゴン

栄養・生化学辞典の解説

エンテログルカゴン

 食物を摂取後小腸上部から分泌される血糖値を上昇させるホルモン様物質で,グルカゴンとは構造が異なり,免疫交叉性はない.グリセンチン(glicentin),オキシントモデュリン(oxyntomodulin)など数種が区別される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android