血糖値(読み)ケットウチ

デジタル大辞泉「血糖値」の解説

けっとう‐ち〔ケツタウ‐〕【血糖値】

血液中のぶどう糖濃度を示す値。健常な成人の場合、空腹時は血液1デシリットルあたり80~110ミリグラム、食後2時間で80~140ミリグラム程度に保たれている。→空腹時血糖値食後血糖値
[補説]食事で摂取した糖質小腸で消化されグルコースとなり、血液とともに全身に運ばれ、細胞のエネルギー源として消費される。血糖値が上昇するとインスリン分泌が促され、肝臓や筋肉でグルコースがグリコーゲンとして貯蔵され、さらに中性脂肪として脂肪組織に蓄積される。血糖値が低下するとグルカゴンアドレナリン糖質コルチコイドなどの作用によって肝臓のグリコーゲンが分解され、グルコースにとして血液中に放出されるため、血糖値はほぼ一定に保たれる。日本糖尿病学会では、空腹時血糖値が110mg/dL未満かつ食後2時間血糖値が140mg/dL未満の場合を正常型、空腹時126mg/dL以上または食後200mg/dL以上の場合を糖尿病型、どちらにも属さないものを境界型としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「血糖値」の解説

けっとう‐ち ケッタウ‥【血糖値】

〘名〙 血液中に含まれるグルコース(ぶどう糖)量。正常人では一定量が保たれ、血液一〇〇cc中に一〇〇ミリグラム前後存在する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「血糖値」の解説

血糖値

 単に血糖ということもある.血液中のグルコースの濃度.健常者の空腹時の正常値は4〜6mM(70〜110/dl)前後.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android