コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血糖値 ケットウチ

デジタル大辞泉の解説

けっとう‐ち〔ケツタウ‐〕【血糖値】

血液中のぶどう糖濃度を示す値。健常な成人の場合、空腹時は血液1デシリットルあたり80~110ミリグラム、食後2時間で80~140ミリグラム程度に保たれている。→空腹時血糖値食後血糖値
[補説]食事で摂取した糖質は小腸で消化されグルコースとなり、血液とともに全身に運ばれ、細胞のエネルギー源として消費される。血糖値が上昇するとインスリンの分泌が促され、肝臓や筋肉でグルコースがグリコーゲンとして貯蔵され、さらに中性脂肪として脂肪組織に蓄積される。血糖値が低下するとグルカゴンアドレナリン糖質コルチコイドなどの作用によって肝臓のグリコーゲンが分解され、グルコースにとして血液中に放出されるため、血糖値はほぼ一定に保たれる。日本糖尿病学会では、空腹時血糖値が110mg/dL未満かつ食後2時間血糖値が140mg/dL未満の場合を正常型、空腹時126mg/dL以上または食後200mg/dL以上の場合を糖尿病型、どちらにも属さないものを境界型としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

血糖値

 単に血糖ということもある.血液中のグルコースの濃度.健常者の空腹時の正常値は4〜6mM(70〜110/dl)前後.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

けっとうち【血糖値】

血液中のブドウ糖の濃度。空腹時の健康成人では血液100ミリリットル中70~110ミリグラム。常に一定範囲に保たれていることが重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

血糖値の関連キーワードおなかの調子をととのえる食品(具体的な商品名)経口ブドウ糖負荷試験2時間値(OGTT)経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)ヘモグロビンA1c(HbA1c)空腹時血糖(FBS・FPG)シュタウプ‐トラウゴット効果メタボリックシンドローム経口ブドウ糖負荷試験グルコーススパイクエンテログルカゴンインスリンポンプインスリン抵抗性グリセミック指数ランゲルハンス島カテコールアミン血糖値スパイク医科歯科連携持続血糖測定血糖上昇指数糖尿病予備軍

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血糖値の関連情報