コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーラーンシャフル(英語表記)Ērān-shahr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーラーンシャフル
Ērān-shahr

イランの歴史的呼称。中世ペルシア語のエーラーン (アーリア人) とシャフル (国土,都市) とから成り,「アーリア人 (イラン人) の国土」の意。ササン朝期からイスラム時代初期にかけて用いられた。ほぼ現在のイラン,イラクおよびアフガニスタン西部にあたる地域をいう。のちに,近世ペルシア語のイーラーン・ザミーン Īrān-zamīn (イランの国土) あるいは単にイーラーン Īrānという語に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android