オウギワシ(読み)おうぎわし

  • Harpia harpyja
  • harpy eagle
  • おうぎわし / 扇鷲

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥綱タカ目タカ科の鳥。メキシコ、ボリビア、ブラジル南部、アルゼンチン北部に分布する大きなワシで、世界のワシ類でもっとも強力といわれているが、翼は比較的短い。全長約95センチメートル、翼長約56センチメートル。頭部は灰色で後頭に冠羽があり、頸(くび)から背、翼は黒灰色、尾は灰色と黒の横縞(よこじま)、胸は黒く腹は白い。熱帯の森林にすみ、サル、ナマケモノなどをとらえ、重い獲物も強力なつめでつかんで垂直に飛び上がることができる。高木の上に営巣し1卵を産む。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオウギワシの言及

【ワシ(鷲)】より

…タカ目タカ科の鳥のうち,小型のタカ(英名hawk)に対して大型の種を一般にワシというが,分類学的にはワシとタカは区別することができない。タカ科の鳥は約220種があり,このなかで真に猛禽(もうきん)のイメージをもちワシの名にぴったりするのは,ウミ(海)ワシ類,オウギワシ類,ヤマ(山)ワシ類である(クマタカ類も含む)。コンドルに似た腐肉食のハゲワシ類とヘビ,トカゲ,カエルなどを主食とするカンムリワシ類はワシの名がつくが,ワシのイメージに合わない。…

※「オウギワシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オウギワシの関連情報