コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスマン語 オスマンゴ

2件 の用語解説(オスマン語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オスマン‐ご【オスマン語】

オスマン帝国時代にトルコで使われた言語。現代トルコ語の前身。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オスマンご【オスマン語】

オスマン帝国の主要言語だったトルコ語のこと。現代トルコ語の源流。アラビア文字・ペルシャ文字による文献が伝わる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオスマン語の言及

【トルコ語】より

… トルコ語の歴史は,10~11世紀に小アジアへ移住したセルジューク族とオグズ族の言語(チュルク諸語の一つ)に始まり,14世紀以後のオスマン帝国時代の言語を経て,1923年,共和国の誕生とともにトルコ共和国語が確立した。オスマン帝国時代,とくに19世紀半ば以後トルコ共和国に至るまでの言語をオスマン語という。共和国語の特徴は,第1に,語彙が著しく変わったことで,ヨーロッパの近代文化とともにフランス語が借用され,一方,従来のアラビア語,ペルシア語からの借用語が追放されて古いチュルク語またはチュルク諸方言が採用されたり,新しい複合語が創作されたりした。…

【トルコ文学】より

…他方,ガズナ朝,セルジューク朝においては,ペルシア文学の影響が強く,トルコ文学伝統はただ口承文学のなかにのみ継承された。13世紀初頭に始まるモンゴル族の西進は,トルコ文学伝統の復活をもたらし,新たなトルコ文語としてチャガタイ語アゼルバイジャン語(アゼリー),オスマン語が発生して,近代にいたるまで併存していく。
[チャガタイ語文学]
 ティムール朝(1370‐1506)で用いられたチャガタイ語は,中央アジアからムガル帝国のインドまで広く普及し,詩人アリー・シール・ナバーイーによって完成された。…

※「オスマン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オスマン語の関連キーワードオットマン帝国テッケトルコ帽ベラトオスマン帝国オスマントルコエゲル温泉オスマン朝バン城メリチ橋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone