コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスマン語 オスマンゴ

大辞林 第三版の解説

オスマンご【オスマン語】

オスマン帝国の主要言語だったトルコ語のこと。現代トルコ語の源流。アラビア文字・ペルシャ文字による文献が伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のオスマン語の言及

【トルコ語】より

… トルコ語の歴史は,10~11世紀に小アジアへ移住したセルジューク族とオグズ族の言語(チュルク諸語の一つ)に始まり,14世紀以後のオスマン帝国時代の言語を経て,1923年,共和国の誕生とともにトルコ共和国語が確立した。オスマン帝国時代,とくに19世紀半ば以後トルコ共和国に至るまでの言語をオスマン語という。共和国語の特徴は,第1に,語彙が著しく変わったことで,ヨーロッパの近代文化とともにフランス語が借用され,一方,従来のアラビア語,ペルシア語からの借用語が追放されて古いチュルク語またはチュルク諸方言が採用されたり,新しい複合語が創作されたりした。…

【トルコ文学】より

…他方,ガズナ朝,セルジューク朝においては,ペルシア文学の影響が強く,トルコ文学伝統はただ口承文学のなかにのみ継承された。13世紀初頭に始まるモンゴル族の西進は,トルコ文学伝統の復活をもたらし,新たなトルコ文語としてチャガタイ語アゼルバイジャン語(アゼリー),オスマン語が発生して,近代にいたるまで併存していく。
[チャガタイ語文学]
 ティムール朝(1370‐1506)で用いられたチャガタイ語は,中央アジアからムガル帝国のインドまで広く普及し,詩人アリー・シール・ナバーイーによって完成された。…

※「オスマン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オスマン語の関連キーワードアフメット・ベフィク・パシャアフメト・ウェフィク・パシャオスマン・トルコ語アラビア文字トルコ文学文献源流

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android