コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前身 ゼンシン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐しん【前身】

その人の以前の身分・職業。また、団体・組織などの、現在のようになる前の形。「気象庁の前身は中央気象台である」⇔後身
この世に生まれ出る前の身。前世の身。⇔後身

まえ‐み〔まへ‐〕【前身】

前身頃(まえみごろ)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんしん【前身】

ある人の以前の身分・職業・経歴。
団体・組織の以前の状態。 「師範学校を-とする大学」
〘仏〙 前世における身体。
▽↔ 後身

まえみ【前身】

「前身頃まえみごろ」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前身の関連キーワードクラウンライターライオンズ日拓ホームフライヤーズ太平洋クラブライオンズ文芸家協会・文藝家協会オリックスブレーブスヤクルトスワローズ横浜大洋ホエールズ毎日大映オリオンズドイツ金管五重奏団京都パープルサンガサンケイスワローズ急映フライヤーズ名古屋ドラゴンズ西鉄クリッパースサンケイアトムズ国立がんセンターロッテオリオンズヤクルトアトムズ国鉄スワローズ西鉄ライオンズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前身の関連情報