前身(読み)ぜんしん

精選版 日本国語大辞典「前身」の解説

ぜん‐しん【前身】

〘名〙
① 前世のときのからだ。この世に生まれかわる前のからだ。⇔後身
※本朝文粋(1060頃)一三・為空也上人供養金字大般若経願文〈三善道統〉「成劫壊劫。前身後身。禽獣魚虫。何物非流転之父母
※史記抄(1477)一三「知玄法師の前身は袁盎ぢゃとあるぞ」 〔増壱阿含経‐一〇〕 〔王維‐偶然作詩〕
② 境遇、性格などがすっかり変わる前の身。以前の身分。前歴。⇔後身
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「其前生前身に得たるものを以て之を今生今身に得たる西洋の文明に照して」
③ 団体や組織などが発展変化する以前のもの。母体。⇔後身
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「帝国大学の前身(ゼンシン)開成学校から」
④ 変化する前の物や状態など。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「一時カルピスの前身ともいふべきヨーグルトといふが流行した」

まえ‐み まへ‥【前身】

〘名〙
① 「まえみごろ(前身頃)」の。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
② 能・狂言の舞で、左右へ回るとき、後ろ姿を正面の観客に見せないように身をこなすこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「前身」の解説

ぜん‐しん【前身】

その人の以前の身分・職業。また、団体・組織などの、現在のようになる前の形。「気象庁の前身は中央気象台である」⇔後身
この世に生まれ出る前の身。前世の身。⇔後身

まえ‐み〔まへ‐〕【前身】

前身頃(まえみごろ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android