コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オバクサ

栄養・生化学辞典の解説

オバクサ

 紅藻綱テングサ目オバクサ属の[Pterocladia capillacea].寒天の原料になる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

オバクサ

からだは平面的で,羽状に規則正しく枝を出す。枝の基部は細く,枝の先は丸くなる。数個体が付着根でからまって叢生 するが,岩から採るときに1本ずつバラバラになりやすい。皮層は小形の細胞が2〜6層密に集まり,髄層の中央部には縦に長い細胞糸がたくさん見られる。手 触りは硬くガサガサしている。生体は紅色〜暗紅色。押し葉標本は台紙につかない。近縁のカタオバクサは,枝が密に出るなどの特徴を持つことで,本種とは区別されている。寒天の材料として使われることがあり,マクサオニクサなどとあわせてテングサ(天草)として扱われるが,使用頻度は低い。銚子の漁業関係者の方に,マクサを「ホンテン」,カタオバクサやオバクサを「イボテン」と地元では呼ぶと教わった。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オバクサ
おばくさ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オバクサの関連キーワードオゴノリヒラクサオオブサ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android