オバクサ

海藻海草標本図鑑の解説

オバクサ

からだは平面的で,羽状に規則正しく枝を出す。枝の基部は細く,枝の先は丸くなる。数個体が付着根でからまって叢生 するが,岩から採るときに1本ずつバラバラになりやすい。皮層は小形の細胞が2〜6層密に集まり,髄層の中央部には縦に長い細胞糸がたくさん見られる。手 触りは硬くガサガサしている。生体は紅色〜暗紅色。押し葉標本は台紙につかない。近縁のカタオバクサは,枝が密に出るなどの特徴を持つことで,本種とは区別されている。寒天の材料として使われることがあり,マクサオニクサなどとあわせてテングサ(天草)として扱われるが,使用頻度は低い。銚子の漁業関係者の方に,マクサを「ホンテン」,カタオバクサやオバクサを「イボテン」と地元では呼ぶと教わった。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android