コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オメガ局/Ω局 オメガキョク

デジタル大辞泉の解説

オメガ‐きょく【オメガ局/Ω局】

omega stationオメガ航法のための送信局。世界に8局あり全地域をカバーしている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオメガ局/Ω局の言及

【航路標識】より

…以上は中波または中短波を用いたものであるが,このほかにマイクロ波の無線標識局として,方位を度数で知らせるトーキングビーコン,誘導信号で安全な航路を指示するコースビーコン,船のレーダー映像面に局の方位が輝線で現れるよう電波を発するレーマーク局などがある。双曲線航法は,1対の海岸発信局から発射された短いパルス電波を船の特殊受信機で受信し,その2局からの信号の到着時間差または位相差を測定することにより船の位置を求めるもので,このための電波発信局としてロラン局,デッカ局およびオメガ局がある。電波航法(5)潮流信号所 来島海峡や関門海峡のように船がふくそうし,とくに潮流の速い海峡において潮流の状況(流向,流速など)を形象,灯光,電波(無線信号および電光板)などにより船に知らせるための施設。…

※「オメガ局/Ω局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オメガ局/Ω局の関連キーワード電波標識航路標識オメガ航法対馬

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android