オルビトリナ(英語表記)Orbitolina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原生生物界有孔虫門オルビトリナ科の一で,大型有孔虫の代表的なものの一つ。砂質円錐状(高いものからきわめて低いものまで)で円錐頂部幼殻から単列の皿形の室が重なって発達。室内は複雑に仕切られ,柱状構造,連絡路がある。種によって白亜紀前期から後期初めにいたる地層を分帯できる。オルビトリナ科には,ほかに時代決定に役立ついくつかの属がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android