コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレビステ教会 オレビステキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

オレビステ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【オレビステ教会】

Oleviste kirik》エストニアの首都タリンの旧市街にある教会。13世紀頃の創設とされ、ノルウェー王オーラフ2世を祭る。14世紀に改築されたほか、何度か落雷による火災に見舞われた。現在高さ124メートルある尖塔は、15世紀には159メートルあり、当時世界で最も高い建造物の一つとされていた。聖オレフ教会聖オラフ教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

オレビステ教会の関連キーワード聖オラフ教会聖オレフ教会カルヤ教会聖ニコラス教会タリン聖霊教会ニグリステ教会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android