コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンジカード おれんじかーど

2件 の用語解説(オレンジカードの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

オレンジカード

JRグループ各社の券売機でのきっぷ購入に利用できる磁気式プリペイドカードの名称。略称でオレカとも呼ばれる日本国有鉄道(国鉄)時代の1985年3月25日に関東圏の主要駅で販売が開始された後、全国で発売。同グループは2012年12月4日、ICカード式のプリペイド電子マネーSuica(スイカ)」などが普及したことで、オレンジカードの一定の役目が終わったと判断し、同カードの発売を13年3月31日をもって発売を終了すると発表した。同カードは、一時期テレホンカードなどと同様、収集家があらわれるほどの人気を集めていた。JR東日本によると、グループ6社でのオレンジカードの発行枚数は、01年度に400万枚だったが、10年後の11年度は215万枚とほぼ半減、12年度上半期は17万6000枚に激減したという。

(2012-12-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オレンジ‐カード

《〈和〉Orange+card》JRの磁気式プリペイドカードの一。専用の券売機によって近距離切符が購入できる。昭和60年(1985)3月から平成25年(2013)3月まで販売された。オレカ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレンジカードの関連キーワードニュースグループコア・グループの構築エージグループグループ学習グループサウンズグループワーク券売機各社事業持株会社入場券券売機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オレンジカードの関連情報