コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンジルート おれんじるーと

1件 の用語解説(オレンジルートの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

オレンジルート

米軍が日本国内に設定している航空機低空飛行訓練経路の1つで、紀伊半島と四国を結ぶルート椿山ダム、狼烟山付近(いずれも和歌山県)、宍喰大橋(徳島県)、綱附森(徳島県・高知県の県境)、きびす山・雁山の間(高知県)、加茂発電所、東三方ケ森(いずれも愛媛県) の上空を飛行する。ルート周辺では1994年と99年に米軍機の墜落事故が発生している。2013年には、米軍の輸送機MV22オスプレイによる本土初の飛行訓練が実施された。

(2013-3-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレンジルートの関連キーワード防空識別圏管制塔着陸料低空ASRSAL航空機燃料航空整備士国内航空傷害保険羽田空港発着枠の拡大

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オレンジルートの関連情報