四国(読み)シコク

大辞林 第三版の解説

しこく【四国】

四つの国。

しこく【四国】

南海道六国のうち、阿波・讃岐・伊予・土佐の四か国。日本列島四大島の一つ四国島を構成。
徳島・香川・愛媛・高知の四県の地域。瀬戸内海沿岸、太平洋岸、山間部では、自然や産業にそれぞれ大きな差がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐こく【四国】

[1]
[一] 南海道六か国のうち、四国島を形成する阿波讚岐・伊予・土佐の四か国を合わせていう。北は瀬戸内海、南は太平洋に面し、東は鳴門海峡・紀伊水道を隔てて近畿地方、西は豊予海峡・豊後水道を隔てて九州島と対する。
※今昔(1120頃か)三一「四国の辺地と云ふは伊予・讚岐・阿波・土佐の海辺の廻也」
[2] 〘名〙 場所や地名などをわざとぼかしていう語。
※洒落本・売花新駅(1777)閨中并にきぬぎぬ「『どこで酔ったのだ』『四こくでさ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四国の関連情報