四国(読み)しこく

精選版 日本国語大辞典 「四国」の意味・読み・例文・類語

し‐こく【四国】

[1]
[一] 南海道六か国のうち、四国島を形成する阿波讚岐伊予土佐の四か国を合わせていう。北は瀬戸内海、南は太平洋に面し、東は鳴門海峡紀伊水道を隔てて近畿地方、西は豊予海峡豊後水道を隔てて九州島と対する。
今昔(1120頃か)三一「四国の辺地と云ふは伊予・讚岐・阿波・土佐の海辺の廻也」
[2] 〘名〙 場所や地名などをわざとぼかしていう語。
洒落本・売花新駅(1777)閨中并にきぬぎぬ「『どこで酔ったのだ』『四こくでさ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「四国」の意味・読み・例文・類語

しこく【四国】[地名]

日本列島の四大島の一。
四国地方のこと。
南海道6か国のうち、四国島を構成する阿波あわ讃岐さぬき伊予土佐の4か国の称。

し‐こく【四国】

四つの国。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「四国」の読み・字形・画数・意味

【四国】しこく

四方の国。

字通「四」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android