コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カソス島 カソストウ

デジタル大辞泉の解説

カソス‐とう〔‐タウ〕【カソス島】

KasosΚάσος》ギリシャ南東部、エーゲ海最南部に浮かぶ島。イタリア語名カソ島。ドデカネス諸島に属し、カルパトス島の南西に位置する。中心地はフリ。古くから天然の良港があることで知られる。ベネチア共和国オスマン帝国の支配下に置かれ、1912年、イタリア‐トルコ戦争でイタリア領となり、1947年にギリシャに返還された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カソス島の関連キーワードカソ島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android