天然(読み)てんねん

精選版 日本国語大辞典「天然」の解説

てん‐ねん【天然】

〘名〙
① (形動ナリ・タリ) 人の作為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。また、人の力ではおよばないことやそのさま。自然。
※凌雲集(814)奉和江亭晩興呈左神栄清藤将軍〈淳和天皇〉「水流長製天然帯、山勢多奇造化形」
※雑談集(1305)九「平等は一相無相なり、此中に天然として衆生を利すべき本誓悲願あり」
② (形動ナリ・タリ) 生まれつきであること。それ本来の姿であること。また、そのさま。天性
明衡往来(11C中か)中本「天然性以閑居本、適承此之旨
※中華若木抄(1520頃)下「元来うつくしき人なれば、天然の粧か」 〔後漢書‐賈逵伝〕
③ (形動ナリ・タリ) 偶然に起こるさま。無意識のさま。
信長公記(1598)一四「信長公の御憎(にくみ)を蒙る者、悉く天然と相果て
④ 造化の神。造物主。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天然」の解説

てん‐ねん【天然】

[名・形動]
人為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。「天然良港」⇔人工
「栄養不足で―に立枯になった朴の木の様なもので」〈啄木・雲は天才である〉
うまれつき。天性。「天然の美声」
《「天然ぼけ」から》意図せずとぼけた言動をすること。また、そのような人。「天然な人」
[類語]自然森羅万象万物造化天造天工原始大自然天地人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「天然」の解説

【天然】てんねん

生まれつき。自然のまま。唐・杜甫〔白小〕詩 白小(白魚)も(み)な命をつ 天然二寸の魚 細水族を霑(うるほ)す 風俗、園(み)つ

字通「天」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android