天然(読み)テンネン

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
人為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。「天然の良港」⇔人工
「栄養不足で―に立枯になった朴の木の様なもので」〈啄木・雲は天才である〉
うまれつき。天性。「天然美声

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

人の力が加えられていないこと。自然のままであること。 ⇔ 人工 -の美 -ウラン
本来の姿であること。生まれながらにして持っているもの。天性。 -の色白/にごりえ 一葉
意図しないでそうなること。副詞的にも用いる。 そこではなしには、-として、いひちがへんが、書くといふと書き違うて/言文一致 高見自然補説欄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動ナリ・タリ) 人の作為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。また、人の力ではおよばないことやそのさま。自然。
※凌雲集(814)奉和江亭晩興呈左神栄清藤将軍〈淳和天皇〉「水流長製天然帯、山勢多奇造化形」
※雑談集(1305)九「平等は一相無相なり、此中に天然として衆生を利すべき本誓悲願あり」
② (形動ナリ・タリ) 生まれつきであること。それ本来の姿であること。また、そのさま。天性。
※明衡往来(11C中か)中本「天然性以閑居本、適承此之旨
※中華若木詩抄(1520頃)下「元来うつくしき人なれば、天然の粧か」 〔後漢書‐賈逵伝〕
③ (形動ナリ・タリ) 偶然に起こるさま。無意識のさま。
※信長公記(1598)一四「信長公の御憎(にくみ)を蒙る者、悉く天然と相果て候」
④ 造化の神。造物主。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然の関連情報