コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタジュタ Kata Tjuta

デジタル大辞泉の解説

カタ‐ジュタ(Kata Tjuta)

オーストラリアのほぼ中央、ノーザンテリトリー南西部にある岩山群。ウルルの西約32キロメートルに位置する。大小36の赤味を帯びた岩山が連なり、最高地点は546メートル。古くからアボリジニーの聖地とされる。ウルルカタジュタ国立公園内にあり、同公園は1987年に世界遺産(複合遺産)に登録された。マウントオルガオルガ山オルガ岩群

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カタジュタの関連キーワードウルル・カタジュタ国立公園Red CentreアリススプリングスMt. Olgaオーストラリア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタジュタの関連情報