カタジュタ(英語表記)Kata Tjuta

デジタル大辞泉の解説

カタ‐ジュタ(Kata Tjuta)

オーストラリアのほぼ中央、ノーザンテリトリー南西部にある岩山群。ウルルの西約32キロメートルに位置する。大小36の赤味を帯びた岩山が連なり、最高地点は546メートル。古くからアボリジニーの聖地とされる。ウルルカタジュタ国立公園内にあり、同公園は1987年に世界遺産(複合遺産)に登録された。マウントオルガオルガ山オルガ岩群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタジュタの関連情報