コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッパ・ロケット Kappa rocket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッパ・ロケット
Kappa rocket

東京大学生産技術研究所で開発された日本の観測用ロケットで,ペンシル,ベビーに続いて開発された。 1958年 12月に2段式のカッパ6型が初めて高度 60kmに達し,観測に成功。続いて 60年9月にカッパ8型が高度 200kmに,61年 12月には3段式のカッパ 9L型が 350km,63年5月にカッパ 9M型が 350km,65年8月にはカッパ 10S型が 740kmに達した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カッパ・ロケットの関連キーワードラムダ・ロケットベビー・ロケット糸川英夫

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android