コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッパ・ロケット カッパ・ロケット Kappa rocket

1件 の用語解説(カッパ・ロケットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッパ・ロケット
カッパ・ロケット
Kappa rocket

東京大学生産技術研究所で開発された日本の観測用ロケットで,ペンシルベビーに続いて開発された。 1958年 12月に2段式のカッパ6型が初めて高度 60kmに達し,観測に成功。続いて 60年9月にカッパ8型が高度 200kmに,61年 12月には3段式のカッパ 9L型が 350km,63年5月にカッパ 9M型が 350km,65年8月にはカッパ 10S型が 740kmに達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッパ・ロケットの関連キーワード宇宙科学研究所ISASたんせい糸川英夫放送技術研究所小野薫兼重寛九郎斎藤成文玉木章夫新興技術研究所

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone