カバンヌ‐ホフマン効果(英語表記)Cabannes-Hofmann effect

法則の辞典「カバンヌ‐ホフマン効果」の解説

カバンヌ‐ホフマン効果【Cabannes-Hofmann effect】

写真感光材料特性が露光時間に依存する現象.低照度で長時間露光されたフィルムは,高照度・短時間で同じ露光量を与えられたものよりも黒化が速く起こる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android