コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラート カラートKalāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラート
Kalāt

パキスタン南西部,バルチスターン州,カラート県の県都。クウェッタ南南西約 130kmにある。 15世紀からイギリスに占領された 1839年まで,オマーンから移住したミルワリ族の町であった。コムギ,羊毛,岩塩の取引中心地。ほかに手工芸品がある。人口1万 1037 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカラートの言及

【バルーチスターン】より

… チャーガイ山脈の南麓を東西に走り,クエッタ南西のボーラーン峠を経て,スライマーン,キルタール両山脈の接点にくさび状にはいりこむシビー凹地に至る交通路は,古代より重要な東西交渉路の一つであった。バルーチ族は,17世紀以来,現在パキスタン領になっているカラートに拠る地方領主によって統一されていたが,英領インドに従属化していく過程で,1872年,バルーチ族の意向を無視してイランとの国境が強引に画定され,バルーチ族は二つに引き裂かれた。イラン側のバルーチスターンに残されたバルーチ族は約20万人(1970年代の推計)いるといわれる。…

※「カラート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラートの関連キーワードシャムシアダド[1世]昇華型カラープリンターワットチェットヨートカラーテ・ギルザーイワットチェディルアンフタル酸樹脂塗料聖シメオン教会クロムグリーンバーレーン要塞トナー用色素アジュルン城カメラの錯覚カラーチップジャーバル城カーラーングォーダー亜鉛鉄板ボラン峠ラハバ城黒川恵

カラートの関連情報