コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラート カラート Kalāt

1件 の用語解説(カラートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラート
カラート
Kalāt

パキスタン南西部,バルチスターン州カラート県の県都。クウェッタ南南西約 130kmにある。 15世紀からイギリスに占領された 1839年まで,オマーンから移住したミルワリ族の町であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカラートの言及

【バルーチスターン】より

… チャーガイ山脈の南麓を東西に走り,クエッタ南西のボーラーン峠を経て,スライマーン,キルタール両山脈の接点にくさび状にはいりこむシビー凹地に至る交通路は,古代より重要な東西交渉路の一つであった。バルーチ族は,17世紀以来,現在パキスタン領になっているカラートに拠る地方領主によって統一されていたが,英領インドに従属化していく過程で,1872年,バルーチ族の意向を無視してイランとの国境が強引に画定され,バルーチ族は二つに引き裂かれた。イラン側のバルーチスターンに残されたバルーチ族は約20万人(1970年代の推計)いるといわれる。…

※「カラート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラートの関連キーワード東パキスタンバルチスタンザーヘダーンパキスタニースライマーン[山脈]バルーチスターンパキスタンの民族構成バルーチ語バルーチ族バルーチスターン[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラートの関連情報