コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルトゥシャ修道院 カルトゥシャしゅうどういん

1件 の用語解説(カルトゥシャ修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カルトゥシャしゅうどういん【カルトゥシャ修道院】

スペインの西地中海に位置する同国領マリョルカ島Mallorcaマヨルカ、あるいは、マジョルカ島ともいう)の中心都市パルマデマリョルカPalma de Mallorca)から約17km、小さな村バイデモッサ(Valldemossa)にある修道院。1399年にアラゴン王によって建設された修道院で、1838年に作曲家のショパン(Frederic Francois Chopin、1810?~1849年)がフランス女流作家ジョルジュ・サンド(George Sand、1804~1876年)とともに訪れ、一冬を過ごした修道院として知られる。この滞在中に、ショパンは「雨だれ」を作曲し、サンドは『マヨルカの冬』を執筆した。ショパンが使ったピアノと楽譜が残されている。◇正式名称は「el Monasterio de la Cartuja」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルトゥシャ修道院の関連キーワードマリョルカ島メノルカ島アメリカスペイン戦争シッチェスバレアレスジュニエ組曲「スペイン」スペインの歌マリョルカ[島]パルマ・デ・マリョルカ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone