コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルトゥシャ修道院 カルトゥシャしゅうどういん

世界の観光地名がわかる事典の解説

カルトゥシャしゅうどういん【カルトゥシャ修道院】

スペインの西地中海に位置する同国領マリョルカ島(Mallorca、マヨルカ、あるいは、マジョルカ島ともいう)の中心都市パルマデマリョルカ(Palma de Mallorca)から約17km、小さな村バイデモッサ(Valldemossa)にある修道院。1399年にアラゴン王によって建設された修道院で、1838年に作曲家のショパン(Frederic Francois Chopin、1810?~1849年)がフランスの女流作家ジョルジュ・サンド(George Sand、1804~1876年)とともに訪れ、一冬を過ごした修道院として知られる。この滞在中に、ショパンは「雨だれ」を作曲し、サンドは『マヨルカの冬』を執筆した。ショパンが使ったピアノと楽譜が残されている。◇正式名称は「el Monasterio de la Cartuja」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android