コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨だれ

デジタル大辞泉プラスの解説

雨だれ

ポーランド生まれの作曲家フレデリック・ショパンのピアノ曲。英題《Raindrop》。『24の練習曲』(1836-39)の第15番を指す。名称ジョルジュ・サンド右手和音伴奏を雨だれになぞらえたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

雨だれの関連キーワードカルトゥシャ修道院二十四の前奏曲西田聖志郎藤原 あき郡司 信夫音楽教育耳に付く雨垂り雨垂れ雨注ぎ前奏曲辻君玉水簷滴産石砌下点滴

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨だれの関連情報