コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボキシ基 カルボキシキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボキシ基
かるぼきしき
carboxy group

1価の原子団-COOHをいう。以前はカルボキシル基carboxyl groupともよばれていたが、IUPAC命名法の1993年の勧告で遊離基名と置換基名は区別されることになり、カルボキシに「ル」を付したカルボキシルという名前は遊離基・COOHに限られるので、置換基としての-COOHにはカルボキシ基が与えられた。
 この基はカルボニル基carbonyl groupとヒドロキシ基hydroxy groupの-OHが結合した構造をもつ官能基であるので、両者の英語名carbonylとhydroxyとを短縮して結び付け、カルボキシcarboxyと命名された。カルボキシ基の水素(-OH)は、水溶液中で解離して水素イオンを生じ酸性を示すので、この基をもつ化合物をカルボン酸と総称する。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルボキシ基の関連キーワードベンゼンヘキサカルボン酸ヒドロキシカルボン酸ヒドロキシ安息香酸フランカルボン酸カルボキシラーゼカーボンブラックフタル酸エステルアセチル補酵素Aニトロフミン酸カルボキシル化アミノ安息香酸ニトロソ化合物カルボアニオン不飽和化合物酸性媒染染料デヒドロ酢酸無水フタル酸ウレアーゼジエン合成脂肪酸回路