カルンパン遺跡(読み)カルンパンいせき(英語表記)Kalumpang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルンパン遺跡
カルンパンいせき
Kalumpang

インドネシア,スラウェシ島西岸中部にある新石器時代遺跡。 1933年に P.ステイン=カレンフェルスが,49年には H.ヘーケレンが発掘調査。幾何学文を線刻した土器片,方角石斧,粗製有肩石斧,石斧半製品,磨製石鏃などが出土した。実年代は不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android