コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾何学文 きかがくもん

1件 の用語解説(幾何学文の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

幾何学文【きかがくもん】

直線,曲線を組み合わせた抽象的文様。直線による併行文,格子市松模様(まんじ)崩し,菱文(りょうもん),曲線による波状文,渦巻文,輪つなぎなど多い。旧石器時代の描写的な図柄に対して,新石器時代にはいってから発達した。
→関連項目幾何学様式

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の幾何学文の言及

【文様】より

…それは単に彫刻,絵画,建築などに従属するものではないのである。
【モティーフの分類】
 文様はそのモティーフの種類によって大別すると,幾何学文,動物文,植物文,人物文,自然現象に関するもの(天象の日月星辰文,雲文,水波文,火焰文,山岳文など),文字文などがあげられる。さらにこれらのいくつかを組み合わせた狩猟文や風景文などもある。…

※「幾何学文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幾何学文の関連情報