コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワーム Qawām al‐Salṭaneh

世界大百科事典 第2版の解説

カワーム【Qawām al‐Salṭaneh】

1847‐1960
イランの政治家。第2次世界大戦直後のイランで親米政治家として活躍した。第1次大戦直後からイラン政界に登場し,1921年ホラーサーンの地方反乱を壊滅させ,同じくギーラーン革命政権を一掃したときの首相。40年代にも首相に任じられ(1942‐43,46‐47),第2次大戦中,アメリカ軍事顧問をイランに招き,軍・警察を訓練させ,またアメリカ人財務長官を任命した。45‐46年の米ソ冷戦下,イランの代表としてソ連外交の圧力を巧みにかわした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カワームの関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android