首相(読み)しゅしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐しょう ‥シャウ【首相】

〘名〙
① 首席の宰相。〔宋史‐曾公亮伝〕
② 内閣総理大臣の通称。首班である大臣。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※東京学(1909)〈石川天崖〉二四「曾て西園寺侯が首相(シュシャウ)であったときに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の首相の言及

【イギリス】より


[政治諸制度と歴史変遷]
 法形式上主権は〈議会の協調を得る国王King in Parliament〉にある。しかし過去3世紀間に国政の最終決定権は国王から議会へ,議会から内閣へと移り,内閣から首相への移行度合が現今の関心事である。首相の内閣指導力が強まるにつれ,実権は〈内閣の協調を得る首相〉へ移ったとする見解が,とりわけサッチャー政権下で強まった。…

【内閣総理大臣】より

内閣の首長であり同時に総理府の長である国務大臣。首相,総理,宰相等と通称される(以下首相とする)。日本国憲法では,国会議員の中から国会の議決で指名され,天皇に任命されると規定している(67,6条)。…

※「首相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首相の関連情報