コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッシャーブルム[山] ガッシャーブルム

2件 の用語解説(ガッシャーブルム[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガッシャーブルム[山]【ガッシャーブルム】

インド北端,カシミール北部,カラコルム山脈中の山群。名はバルーチ語で〈輝く壁〉の意。6峰からなる。第I峰(ヒドゥンピークとも。8068m)は1958年米国のクリンチ隊が初登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガッシャーブルム[山]【Gasherbrum】

カラコルム山脈中央部にあるバルトロ・ムスターグに属する山群。バルトロ氷河源流域に,北東側のシャクスガム川流域との分水嶺をなす高峻な稜線が南に開く馬蹄形をなしてつらなる。頂上は東から西へ第1峰8068m(かつてヒドゥン・ピークと呼ばれた),第2峰8035m,第3峰7925m,第4峰7980mと並ぶ。第4峰西面は20km離れたバルトロ氷河下流部から望見でき,氷雪におおわれて白く輝くその山容から,バルティ語で〈輝く壁〉を意味するガッシャーブルムと命名された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガッシャーブルム[山]の関連キーワードカラコルム山脈玉山K2コルテトランシルバニアアルプスバルカン山脈バルバドスカラコルムサルトロカンリビルテルム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone