コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリバー型寡占(読み)ガリバーガタカセン

デジタル大辞泉の解説

ガリバーがた‐かせん〔‐クワセン〕【ガリバー型寡占】

Gulliver's oligopoly寡占市場において1社または数社の市場シェアが圧倒的に高く、他の企業との格差がきわめて大きい状況をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガリバーがたかせん【ガリバー型寡占】

寡占の形態の一。ある産業において一企業のみ市場占有率が、小人国におけるガリバーのようにとび抜けて大きく、他の群小企業が残りの市場を分け合っている状態。 → 寡占

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のガリバー型寡占の言及

【麒麟麦酒[株]】より

…ビール業界のトップ・メーカー。ビールは日本で代表的な寡占産業であるが,麒麟麦酒のシェアは50%弱と圧倒的で,いわゆるガリバー型寡占となっている。食品業界全体でも麒麟麦酒は,売上高,資本金ともに第1位。…

【ビール】より

…ただし,オリオンビールの生産量は少量であるので,実際は4社といってよい。とくにトップの麒麟麦酒のシェアは1970年代前半から60%を超え(アサヒビールなどの追上げもあり,90年代に50%に低下したものの),ガリバー型寡占の典型例とされる。ビール工業が寡占化している原因としては,(1)既存のブランドが確立していて,新しい販売網を作りあげることが困難なこと,(2)装置産業であるため,大規模な設備投資が必要とされることなどがあり,新規参入が困難となっている。…

【プライス・リーダーシップ】より

…その第1は,ある特定の企業のマーケット・シェア(市場占有率)がその他の企業に比べてぬきんでて大きいという場合である。このとき市場はガリバー型寡占とも呼ばれるが,他の企業は競争を挑むことをせずに,大企業に価格の決定をゆだねるという形で市場価格が決定される。第2には,いずれの企業もそのマーケット・シェアにほとんど差がなく,どの企業も規模の大きさで他を圧倒することはできないが,知名度や歴史的な経緯によって,特定の企業が価格を変更するときは,つねにその口火を切るという場合である。…

※「ガリバー型寡占」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android